1. ホーム
  2. エンジニアの転職
  3. ≫エンジニアが転職で注意すべきポイントとは?

エンジニアが転職で注意すべきポイントとは?

エンジニアとして転職するのであれば、まずはどういう種類があるのかを、きちんと把握しておくべきでしょう。至極当然のことですが、とりわけ職種変更をする人にとっては、重要となります。現在では、エンジニアと言えば、IT関連職を思い浮かべる人が多いことでしょう。けれども、実際プラント関係などの機械系エンジニアがいます。ITに比べ、スキルを身につける時間が長く、より専門的になります。安易な職種変更では、転職に成功できないこともあるため、当たり前のことでも、十分注意することです。また、エンジニアといえば、スキルが第一であるため、自分に見合った職場を見つけるようにしましょう。たとえば、ユーザー系のIT仕事が得意であるのに、いきなりシステム系のIT職種へ変更することは、ほとんど不可能です。もちろん、将来性を買われ、雇用してくれる企業などもあります。しかし、そういうところでは、比較的年齢が若い人を雇用する傾向があります。身の丈にあった求人を見つけることが大事です。さらに、専門職であるので、エージェントを活用することが大切です。エージェントとは、人材紹介企業のことであり、転職のプロともいえる会社になります。今では、ホームページを公開していることが一般的であり、申し込みなどもインターネット経由で行うことができます。パソコンでもスマートフォンでも対応していることが、通常です。返信があれば、面談日を調整し、担当者と会うことで、会員登録となります。もちろん無料ですが、エージェントの最大のメリットは、非公開求人を大量に抱えている点です。自分ひとりでは、到底見つけられない求人を紹介されるケースもあります。しかし、第三者が介在するため、ミスマッチの危険性もあります。希望条件などをしっかり伝え、担当者との意思疎通をきちんと行っておくことが大切です。なお、エンジニア転職は、正社員ばかりではありません。契約社員、あるいは、派遣社員なども該当します。雇用形態を把握しておくことも、成功の鍵になるかもしれません。