1. ホーム
  2. エンジニアの転職
  3. ≫エンジニアが心得るべき転職のコツをわかり易く解説

エンジニアが心得るべき転職のコツをわかり易く解説

エンジニアが転職を考える上で、ベストとされるのは5年以上の経験を積むか28歳までにというのが通例です。これは企業に即戦力として期待されるのが5年以上の経験であり、新たな技術を習得できるのは28歳くらいまでとされるからです。エンジニアの世界は技術の進歩が早いことから、これ以上年齢を重ねると新しい技術について行けなくなるとされるのです。そう考えると、たとえ必要性をまだ感じていなくても日頃から転職に向けての準備を進めておくことが必要であることがわかります。まず知識とスキルの幅を広げておくことが必要とされています。これはどのような分野にも進めるように間口を広げるという意味合いがあります。インフラやシステム開発、あるいはアプリ開発と手掛けることができる分野を広げておくことにより、企業に求められる人材となるわけです。ひとつの分野に特化するよりも、オールマイティに取り組める知識を持つ人材が必要とされるのは理由があります。それは、あらゆるプロジェクトの管理ができる人材が必要とされているからです。開発を進めるエンジニアは確保できても、クライアントの要望を的確に把握したり、それを設計してメンバーに効率良く割り振ることができる人材が不足しているからです。さらにはコスト管理もできるマネジャーも不足しています。そのような仕事をこなすためには、実際にその作業を行った経験が必要となります。異業種からのヘッドハンティングもありますが、やはり開発に携わったエンジニアがマネジメントを行う方が、よりクライアントに喜ばれる成果物を作り上げることができます。そのように将来のキャリアプランを常に考えながら仕事に取り組むことが非常に大切となります。常に意識することによって、それを成し遂げるヒントを思わぬところで得ることが可能となるわけです。さらに会社選びのために転職エージェントを活用することも、非常に便利なものとなります。